選ばれる理由 Reasons to be chosen

お客様の想いに寄り添う

寝具はただ眠るだけの道具ではなく、月日を共に過ごしたぬくもりと想い出がつまっているものです。

これまで私たちはお客様の想いに寄り添い、様々なお声を頂きながら、5年間で約800枚の毛布のへりの修理に携わってきました。

今後も、ふとんの修理屋さんとして、毛布のへりの修理だけでなく、綿ふとん・羽毛ふとんの作り直しも手掛け、お客様の想いに寄り添ってまいります。

は頂いたお声の一例です。

お客様の想いに寄り添う

※画像クリックで拡大表示します。

創業50年の技術と経験で、お客様の想いを形にします

創業50年の技術と経験でお客様の想いを形にします。

弊社は1972年に城山製綿所として創業致しました。
2021年現在、創業50年の技術と経験がございます。

「大事に使いたい!けど、おふとんはボロボロになってしまっている。」
「近所のおふとん屋さんでは修理を断られてしまった。どうにか、修理することはできないでしょうか。」
まず、このような電話やメールからお問合せがスタート致します。

他社に断られた寝具も、どうにかしてお客様の要望の修繕が出来ないかとヒアリングを行い、想いを形にするお手伝いをさせて頂いております。

あきらめる前に一度ご相談頂けますと幸いです。

会社案内

頂いたお声

これまで、修理をご用命頂いたお客様からたくさんの喜びのお声を頂きました。
寝具に込められた思い出を大事に修繕することにこだわり、誇りと責任を持って取り組ませて頂いております。

  • 頂いたお声1

    近所の布団屋さんでは修理はやっていないと断られ、新しい毛布を勧められました。
    上京の際に母に持たせてもらった毛布だったので、なかなか捨てることができませんでした。

    インターネットで偶然ここを見つけて毛布のへりを修理してもらいました。丁寧さが嬉しかったです。
    その後、綿ふとんの打ち直しもお願いし、亡き義理の母が仕立てた生地で「ふかふか」になって孫たちにも喜んでもらえました。掛ふとんやカバー、シーツもお願いしたのですが、とてもしっかりしたもので気持ちよく使えます。ありがとうございました。

  • 頂いたお声2

    地元の布団屋さんには買ったほうが安いと言われたものの、修理すればまだ使えそうなものを捨てるのもしのびないし、何よりそれなりの年月この毛布で寝ていたので愛着もありまして・・・。

    修理を受けていただけるお店があって本当に助かりました。九州から北海道まではるばる送っていただいてありがとうございます。

    それと、お店の紹介をホームページにあげていてくださってありがとうございます。
    個人のつてでは修理できるお店にまず辿り着けませんし、持ち込み以外で修理をしてくれるお店はさらにレアだと思いますので検索で出会えてよかったとしみじみ思います。

  • 頂いたお声3

    毛布が本日到着しました。
    商品確認しましたがヘリは想像以上に良い仕上がりで見違えるようになりました。

    結婚した時に買った25年前のものですが、今後も活躍できそうでうれしく思います。大切に使わせて頂きます。